横浜産業新聞
larger smaller reset larger
Home arrow 特集/レポート arrow 目指せ!横浜ビジネスグランプリ(第6回):2009年の募集内容決まる!
目指せ!横浜ビジネスグランプリ(第6回):2009年の募集内容決まる! プリント
広報支援から副賞まで魅力が満載
セミファイナル通過の30プランも展示 
ts-080918-1.gif

■総額50万円の副賞
横浜ビジネスグランプリ2009の募集がいよいよ始まった。グランプリの最終審査は2009年2月15日(日)、13時30分からパシフィコ横浜にて行われる。今年の特徴は最終審査当日にセミファイナルまで進んだ30のプランにも出展するブースが設けられたこととだ。また、副賞も設けられた。最優秀賞には副賞30万円、オーディエンス賞に副賞10万円、審査委員賞に副賞10万円が用意された。
審査は観客も参加して行われ、審査員と観客の合計点が最も高かったプランに最優秀賞が、観客の合計点が最も高かったプランにオーディエンス賞が、また審査員の合計得点が最も高かったプランに審査員賞が授けられる。

■2次審査を通過すれば事業計画のブラシュアップも受けられる
ではグランプリまでのスケジュールを見てみよう。
①募集の締め切りは12月7日(日)、17時必着。それまでにFAXかメール、もしくはエントリーフォームで申し込む。
*申し込み方法:https://sv15.wadax.ne.jp/~akinaisouken-jp/ybg2009/
②12月9日(火)にエントリーシートによる一次選考が行われ、12月11日(木)~12月12日(金)にその合否結果がメールで通知される。
③1次選考通過者には2次選考用の事業計画書が送付されるので、それに記入したうえで1月7日(水)の17時必着で送り返す。
④2次選考はその事業計画書に基づき、1月9日(金)、1月10日(土)に行われ、その合否結果は1月13日(火)に郵送で通知され、通過者にはセミファイナル参加への案内もされる。
⑤セミファイナルは1月24日(土)、1月25日(日)にプレゼンテーションによる審査が行われ、通過者にはファイナルへの案内がされる。
⑥ファイナリストには1月26日(月)~2月13日(金)の間に事業プランやプレゼンテーションのブラシュアップが行われる。
⑦グランプリファイナルは2月15日(日)

■エントリーにはメリットがいっぱいある

エントリーのメリットは次の4点だ。
○全国の支援者を巻き込んだ、ステータス感あふれるシンボリックなイベントが開催される
○特別審査員によるプランの評価が受けられる
○入賞者にはWebやプレスリリースによる広報支援を行う
○横浜企業経営支援財団ならびに横浜ベンチャーポートによる特別継続支援が可能

■横浜に住んでいるか、勤めている起業家なら応募できる
原則として1年以内に起業を予定している人か、もしくは起業して7年以内で、次のいずれかの条件を満たす人。
1)横浜に在住または勤務している人
2)横浜で将来起業を検討している人
3)横浜ですでに事業を営んでいる人
4)2次選考を通過した場合、以降の選考にあたり、横浜の審査会場まで来れる人
※起業前の段階の場合は発案者が応募資格者となる。すでに起業済みのプランについては代表者が応募資格者となる。

■さあチャレンジ
新規性に満ち、将来新たな経済効果を生めるビジネスプランを持っていれば、ぜひ応募してみたい。起業に真剣に取り組むあなたの起業家としての人間的魅力が審査で多いにプラスになるはずだ。さあチャレンジしてみよう。

横浜ビジネスグランプリ公式サイト:http://www.danzenyokohama.jp/ybg/top.html

過去記事
目指せ!横浜ビジネスグランプリ(第5回)"ブラシュアップ"とは?
・目指せ!横浜ビジネスグランプリ(第4回) 応募者インタビュー
目指せ!横浜ビジネスグランプリ(第3回) 審査員インタビュー
目指せ!横浜ビジネスグランプリ(第2回) 2008年の審査結果
目指せ!横浜ビジネスグランプリ(第1回) 注目される理由




 
< 前へ   次へ >
ユーザ名(E-Mail)
パスワード

自動ログイン
横浜産業新聞メールニュース
購読メールアドレス:
こちらに空メールを送っても登録できます。

支援企業・団体

連載/コラム

広告主募集

Advertisement
ホーム  |  横浜産業新聞について  |  スタッフ募集  |  広告のご案内  |  サイトマップ  |  お問い合せ
Copyright 2004-2007 横浜産業新聞 - 横浜における情報産業の情報発信「ハマビズ」 - All rights reserved.
横浜産業新聞に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は横浜産業新聞またはその情報提供者に属します。