横浜産業新聞
larger smaller reset larger
Home arrow ヘッドラインニュース arrow 富士ソフト㈱、政府統一基準(平成30年度版)に準拠したAWSクラウド利用のセキュリティリファレンスを共同で提供開始を発表
富士ソフト㈱、政府統一基準(平成30年度版)に準拠したAWSクラウド利用のセキュリティリファレンスを共同で提供開始を発表 プリント
 logo-knews1_thumb.jpg富士ソフト株式会社(横浜市)、PwCあらた有限責任監査法人(東京都千代田区)ら各社は共同で、内閣サイバーセキュリティセンター(以下:NISC)制定の政府統一基準(平成30年度版)に対応したセキュリティリファレンスを作成し、20181225日より、政府機関向けに無償提供を開始する。本リファレンスは、クラウドサービス「アマゾン ウェブ サービス」(以下:AWS)環境におけるセキュリティ対応策の詳細を網羅的に提示しているとのこと。

 富士ソフト株式会社(横浜市)、PwCあらた有限責任監査法人(東京都千代田区)ら各社は共同で、内閣サイバーセキュリティセンター(以下:NISC)制定の政府統一基準(平成30年度版)に対応したセキュリティリファレンスを作成し、20181225日より、政府機関向けに無償提供を開始する。本リファレンスは、クラウドサービス「アマゾン ウェブ サービス」(以下:AWS)環境におけるセキュリティ対応策の詳細を網羅的に提示しているとのこと。
 NISC2018725日に、国内の政府機関が準拠すべき指針「政府機関等の情報セキュリティ対策のための統一基準」(以下:「政府統一基準」)を改定し、サイバーセキュリティ対策の導入推奨やIoT機器などの新たなデジタルデバイスを政府統一基準の対象として明確化するなど、政府情報システムの将来像を見据えた内容を追加し、平成30年度版として公開している。本リファレンスは、国内の行政機関および独立行政法人などに向け、AWSクラウド環境における改定後の政府統一基準の要件整理の考え方や必要となる情報、項目ごとの詳細な対応策を提供している。
 政府機関においては、「世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」の閣議決定(2017530日)により、クラウド・バイ・デフォルト原則が導入され、クラウド活用を前提とした行政サービスの構築が求められています。そこでは民間企業も含めた外部との連携を可能とする、クロスボーダー化したデジタルガバメントの推進が求められる一方、政府機関として高度なセキュリティ水準の維持が欠かせない。
 このたび共同作成した本リファレンスは、富士ソフトをはじめ、PwCあらたら各社の情報セキュリティ対策に関する知見と実績を結集したものです。政府情報システムの在り方が大きく変わろうとしているクラウドファースト時代において、国内の政府機関に対し、政府統一基準の準拠のノウハウを具体的に提示することにより、各政府機関が安全で信頼性の高いシステムの活用を実現することを支援するとのこと。
準拠している政府統一基準と参考URL
「政府機関等の情報セキュリティ対策のための統一基準(平成30年度版)」
https://www.nisc.go.jp/active/general/kijun30.html
世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画
https://www.itdashboard.go.jp/Achievement
リファレンスの入手方法
下記のURLから、ダウンロードすることが可能。
富士ソフト株式会社 :
https://www.fsi.co.jp/aws/reference.html
PwC
あらた有限責任監査法人 :
https://www.pwc.com/jp/ja/services/assurance/cloud-advisory-assuarance/aws.html

 

 
< 前へ   次へ >
ユーザ名(E-Mail)
パスワード

自動ログイン
横浜産業新聞メールニュース
購読メールアドレス:
こちらに空メールを送っても登録できます。

支援企業・団体

連載/コラム

広告主募集

Advertisement
ホーム  |  横浜産業新聞について  |  スタッフ募集  |  広告のご案内  |  サイトマップ  |  お問い合せ
Copyright 2004-2007 横浜産業新聞 - 横浜における情報産業の情報発信「ハマビズ」 - All rights reserved.
横浜産業新聞に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は横浜産業新聞またはその情報提供者に属します。