横浜産業新聞
larger smaller reset larger
Home arrow ヘッドラインニュース arrow 富士ソフト、医療機器業界へHoloLensソリューションを展開、
富士ソフト、医療機器業界へHoloLensソリューションを展開、 プリント
logo-knews1_thumb.jpg富士ソフト株式会社(横浜市)は、株式会社フィリップス・ジャパン(東京都港区)と協業し、ヘルステック業界へMicrosoft社が提供するMixed Reality(複合現実) 端末「HoloLens」を活用するソリューションを展開する。この取り組みによって、医療現場での業務の効率化と働き方改革への貢献を目指すとのこと。


昨今、医療、建設業など多くの業界において、ファーストラインワーカー(第一線の従事者)の業務課題解決と生産の効率化への働き方改革が大きな課題となっている。医療関連の業界では、ヘルスケアにITを活用するヘルステックへの取り組みが進められている。
 富士ソフトは、これまでも業種、業界に関わらず、様々な業務の効率化や高度化、働き方改革を支援してきた。最先端テクノロジーであるHoloLensの活用にも取り組み、これまで見えなかった情報を可視化することで、さらに一歩進んだ業務改革を支援するとのこと。
 この度の協業では、フィリップス社が20195月に開設予定の「Philips Co-Creation Center※」での使用開始を目指して、HoloLensを活用するヘルステックソリューションの取り組みを進めていくとのこと。このサービスは、大型医療機器を導入する際に、機器を配置した後の空間(室内)イメージの共有を実現するものとのこと。配置した機器の動作イメージをアニメーションで確認でき、データ出力機能により施設設計の時間短縮も可能。将来的には、利用可能な医療機器の拡充や、医療機器のトレーニング、医療機器のマニュアルとしての活用など、多方面への展開を目指していくとのこと。


 
< 前へ   次へ >
ユーザ名(E-Mail)
パスワード

自動ログイン
横浜産業新聞メールニュース
購読メールアドレス:
こちらに空メールを送っても登録できます。

支援企業・団体

連載/コラム

広告主募集

Advertisement
ホーム  |  横浜産業新聞について  |  スタッフ募集  |  広告のご案内  |  サイトマップ  |  お問い合せ
Copyright 2004-2007 横浜産業新聞 - 横浜における情報産業の情報発信「ハマビズ」 - All rights reserved.
横浜産業新聞に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は横浜産業新聞またはその情報提供者に属します。