横浜産業新聞
larger smaller reset larger
Home arrow ヘッドラインニュース arrow 富士ソフト、AWS サービスデリバリープログラム 「AWS IoT Service Delivery」を第1期パートナーとして取得
富士ソフト、AWS サービスデリバリープログラム 「AWS IoT Service Delivery」を第1期パートナーとして取得 プリント
logo-knews1.jpg富士ソフト株式会社(横浜市)は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のサービスデリバリープログラムに新たに追加された「AWS IoT Core」のパートナー認定「AWS IoT Service Delivery」を取得したことを発表した。


当社は、1970年の創業当時から組み込みシステム開発を強みとし、クラウド関連技術に関しましても長年注力してきた。AWS関連では2011年にAWSのパートナー制度である AWS Partner NetworkAPN)のアドバンスドコンサルティングパートナーとして登録されて以来、国内の数多くの顧客へAWSを活用したソリューションの導入を支援してきた。20184月には、Windowsに強いベンダーとして「Amazon EC2 for Windows Server Service Delivery」認定を取得した。
 さらに1127日(火)にラスベガス(米国)で開催された「AWS re:Invent」で組み込み開発とクラウドの技術力、およびスマートホームや不良品予測などのサーバレスアーキテクチャを用いたIoT関連の実績を評価され、「AWS IoT Service Delivery」認定を取得した。本認定は、グローバルで12社、そのうち日本企業は3社が選定されている。

AWS IoT Core Partnersについて】
URL
https://aws.amazon.com/jp/iot-core/partners/

 
< 前へ   次へ >
ユーザ名(E-Mail)
パスワード

自動ログイン
横浜産業新聞メールニュース
購読メールアドレス:
こちらに空メールを送っても登録できます。

支援企業・団体

連載/コラム

広告主募集

Advertisement
ホーム  |  横浜産業新聞について  |  スタッフ募集  |  広告のご案内  |  サイトマップ  |  お問い合せ
Copyright 2004-2007 横浜産業新聞 - 横浜における情報産業の情報発信「ハマビズ」 - All rights reserved.
横浜産業新聞に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は横浜産業新聞またはその情報提供者に属します。