横浜産業新聞
larger smaller reset larger
Home arrow ヘッドラインニュース arrow マクニカネットワークス㈱、製造業に特化したデータ分析プラットフォームを提供する Sight Machine社と代理店契約を締結
マクニカネットワークス㈱、製造業に特化したデータ分析プラットフォームを提供する Sight Machine社と代理店契約を締結 プリント
logo-knews1_thumb_thumb.jpgマクニカネットワークス株式会社(横浜市)は、米国 Sight Machine(サイトマシーン、以下、Sight Machine社、本社:米国カリフォルニア、CEO & CoFounder:Jon
Sobel)と日本における代理店契約を締結したと発表した。
・製品名
 EMV License(イーエムブイライセンス)
 EMA License(イーエムエーライセンス)
・提供形態 年間サブスクリプションライセンス
・提供開始日 2018年 9月 4日

昨今、国際競争の激化、コスト削減・環境保全から求められる製造オペレーションの効率化、少子高齢化に伴う人手不足が進む中、インダストリー4.0・スマートファクトリなど製造工程におけるIoT・AI活用の重要性が高まっている。IoT・AIを製造現場の中で活用していくためには、製造システムにおける、センサーデータ、製造データ(PLC・MES・SCADA)、データベースデータ(ERP・品質検査)、画像データといっあらゆるデータの関係性を理解し、紐付け・分析を行うことが必要とされている。
しかし、実際にはデータの形式が異なる上、それぞれのデータの関連性を理解すことが難しく、統合的な分析を行うことに課題で有ったとのこと。

【Sight Machine社の製造分析プラットフォームの特徴】
1.既に存在する製造データを変更することなく活用することが可能
2.独自のAIデータパイプライン技術により、あらゆる製造データの紐付けを簡単に実現
3.製造業に特化したAIとデジタルツイン技術により発展的な解析・洞察を提供
4.お客さま自身で柔軟にダッシュボードを作成し、リアルタイム可視化を実現
5.データをコンテキスト化※し、出力や他社BIツールでの分析が可能
※コンテキスト化とは各データを意味づけし、複数のデータと紐付けるSightMachine社の独自技術です。

https://www.macnica.net/sightmachine/

<「第1回 名古屋 スマート工場 EXPO」に出展>
マクニカネットワークスブース(小間番号:26-8)にて、Sight Machineの製造分析
プラットフォームを展示いたします。当日は製品デモも準備しておりますので、是
非、マクニカネットワークスブースまでお越しください。
会期 2018年9月5日(水)~7日(金)
会場 ポートメッセなごや
URL http://www.sma-fac-nagoya.jp/

 <製品に関するお問い合わせ先>
マクニカネットワークス株式会社 Sight Machine製品担当
TEL:045-476-2010
URL: https://www.macnica.net/sightmachine/

 
< 前へ   次へ >
ユーザ名(E-Mail)
パスワード

自動ログイン
横浜産業新聞メールニュース
購読メールアドレス:
こちらに空メールを送っても登録できます。

支援企業・団体

連載/コラム

広告主募集

Advertisement
ホーム  |  横浜産業新聞について  |  スタッフ募集  |  広告のご案内  |  サイトマップ  |  お問い合せ
Copyright 2004-2007 横浜産業新聞 - 横浜における情報産業の情報発信「ハマビズ」 - All rights reserved.
横浜産業新聞に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は横浜産業新聞またはその情報提供者に属します。