横浜産業新聞
larger smaller reset larger
Home arrow ヘッドラインニュース arrow ㈱OA研究所、世界最小、組込み用「超小型ギガビットスイッチングHUB」の提供を開始
㈱OA研究所、世界最小、組込み用「超小型ギガビットスイッチングHUB」の提供を開始 プリント

logo-knews1.jpg株式会社OA研究所(神奈川県鎌倉市)は、産業機器の組込み用途に向けた 「超小型ギガビットスイッチングHUB」を開発し、10月4日()より提供を開始したことを発表した。

近年、センサーなど ICT 技術が向上し、工場の生産ラインや医療の現場など様々な場面で IoT 化が進められている。 さらに、その情報の通信手段として、各装置内から多数のイーサーネット機器と接続できるスイッチング HUB のニーズが 高まっている。しかしながら、これまでの汎用製品では IoT に向けた対応が十分ではなく、多くの顧客がコストや性能、 耐久性、信頼性などに課題を抱えていた。 この製品は超小型のため機器への組込みが容易であり、かつ耐久性や信頼性が求められる医 療機器や車載システム、FA 機器など産業の機器で使用できる。顧客独自の仕様やご利用環境に合わせた柔 軟なカスタマイズも可能とのこと。

  詳細

  http://www.oalab.co.jp/topics/wp-content/uploads/2017/10/NewsRelese_GigaBitHUB.pdf

 
次へ >
ユーザ名(E-Mail)
パスワード

自動ログイン
横浜産業新聞メールニュース
購読メールアドレス:
こちらに空メールを送っても登録できます。

支援企業・団体

連載/コラム

広告主募集

Advertisement
ホーム  |  横浜産業新聞について  |  スタッフ募集  |  広告のご案内  |  サイトマップ  |  お問い合せ
Copyright 2004-2007 横浜産業新聞 - 横浜における情報産業の情報発信「ハマビズ」 - All rights reserved.
横浜産業新聞に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は横浜産業新聞またはその情報提供者に属します。