横浜産業新聞
larger smaller reset larger
Home arrow ヘッドラインニュース arrow 学校教育と、災害時の情報連絡を同時のICT化で富士ソフト㈱と安川情報システム㈱が業務連携を開始
学校教育と、災害時の情報連絡を同時のICT化で富士ソフト㈱と安川情報システム㈱が業務連携を開始 プリント
logo-knews1.jpg富士ソフト株式会社(横浜市)は、総合教育ソリューション「みらいスクールステーション」を、安川情報システム株式会社(北九州市)の提供する無線ネットワークアクセス管理装置「NetSHAKER W-NAC」との連携を発表した。
総務省は、2017年度から2019年度までの3カ年における国庫補助事業として「防災等に資するWi‐Fi環境の整備計画」を公表した。災害時に防災拠点となりうる小学校および中学校などの教育機関においても、Wi‐Fi環境の整備が推進されている。
「みらいスクールステーション」は、Wi-Fi環境や有線LAN環境などを使用して教室内に配置したメディアボックスに校内サーバからデジタル教材などのコンテンツを配信する機能を持つ総合教育ソリューション。今回の連携により、「NetSHAKER W-NAC」を校内サーバとして利用できるようになり、専用サーバがなくても授業で利用するコンテンツを配信することが可能となったとのこと。「NetSHAKER W-NAC」の導入校は、メディアボックスを追加設置するだけで「みらいスクールステーション」が利用できる。また新規導入を検討の場合は、防災等に資するWi‐Fi環境整備の助成金を活用することで導入コストを軽減できるとのこと。
「NetSHAKER W-NAC」の防災拠点機能(2017年7月から提供予定)は、災害時にWi-Fi解放レベルを簡単なボタン操作で設定変更できるもので、「みらいスクールステーション」の電子掲示板機能や校内ライブ放送機能を活用することで大画面テレビへの安否情報や避難生活に関する情報を表示できる。
平常時のセキュアな学校教育支援の基盤として、災害時の情報活用の基盤として活用できるとのこと。

http://www.fsi.co.jp/company/news/170616.html


 
次へ >
ユーザ名(E-Mail)
パスワード

自動ログイン
横浜産業新聞メールニュース
購読メールアドレス:
こちらに空メールを送っても登録できます。

支援企業・団体

連載/コラム

広告主募集

Advertisement
ホーム  |  横浜産業新聞について  |  スタッフ募集  |  広告のご案内  |  サイトマップ  |  お問い合せ
Copyright 2004-2007 横浜産業新聞 - 横浜における情報産業の情報発信「ハマビズ」 - All rights reserved.
横浜産業新聞に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は横浜産業新聞またはその情報提供者に属します。